大宝八幡宮で風鈴を奉納してきました!

大宝八幡宮の風鈴祭りは、頒布期間、展示期間、返却期間(2022年は頒布期間:2022年6月18日(土)~7月下旬まで、展示期間:2022年8月1日(月)~8月31日(水)、返却期間:2022年9月1日(水)~9月14日(火))がはっきり分かれています。
頒布期間(奉納の期間)に訪れると、風鈴ひとつにつき200円で、風鈴本体と短冊への絵付けや願い事のかき込みができます。奉納した風鈴は展示期間に境内に展示され、返却期間に再度訪れると、自分が奉納した風鈴を受け取ることができます。
私は今回、奉納の期間に訪れたので、どんな感じだっかメモしておきます。

アクセス

関東鉄道常総線大宝駅から徒歩3分の場所にある大宝八幡宮ですが、今回は雨引観音とセットで訪れたので車にしました。

▽雨引観音の記事も、お時間あればご覧ください。

2022年雨引観音の水中華(紫陽花を浮かべた池)の実施状況とアクセス、混雑状況
あじさい祭が開催されている雨引観音(雨引山楽法寺)に行ってきましたので、2022年の水中華(紫陽花を浮かべた池)実施状況やアクセス、混雑状況をまとめておきます。

駐車場も無料でした。

シーズンぎりぎりでしたが、紫陽花が迎えてくれました。

風鈴の受け取り方

本殿の横の社務所で200円を納め、風鈴をいただきます。

申込書(兼同意書、兼引換書)に記入し、無地で透明の風鈴を受け取ります。

ちなみに、ありとあらゆる支払い方法が可能でした!すごい。

絵付け

社務所の奥に絵付けスペースがあり、ペンなどの画材が用意されていました。一旦家に持ち帰ってかくこともできるそうです。

試行錯誤の末、無事完成です。私は花火の柄にしてみました。

こういう時ってセンスが試されますよね…センス、ほしいです…(笑)

風鈴奉納

かき終わったら、風鈴を受け取った場所に持っていけば、奉納完了です!!

また、大宝八幡宮では、あじさい御守やあじさい絵馬なども購入することができます。

気軽に来れる距離ではないのですが、できれば展示期間や返却期間にまた来たいところです。

タイトルとURLをコピーしました