【宿泊記】東京タワーが見えるのはどの部屋かもご紹介◎「CANDEO HOTELS(カンデオホテルズ)東京六本木」宿泊レビュー!

カンデオホテルズ東京六本木に宿泊してきてたので、ブログにレビュー記事を残しておきたいと思います。どこのお部屋なら東京タワーが見えるかも記載しているので、ぜひ参考にしてみてください♡

東京タワーが見える素敵なロケーションだけでなく、露天風呂付き大浴場やサウナ併設・おしゃれな空間で満足度の高い滞在ができました!

CANDEO HOTELS(カンデオホテルズ)東京六本木
〒106-0032東京都港区六本木6-7-11

○カンデオホテルズ東京六本木はこんな人におすすめ!

東京タワーを見ることができる部屋も多く、窓際に広めのソファスペース(小上がり)が設置してあるため、大切な人とゆっくり喋りたい時に活用できるホテルとなっています。それでいてリーズナブルなのが嬉しいポイントです。

・ちょっとした記念日にゆっくりしたいカップル
・久しぶりに友人と語り合いたい友達同士
・日本らしさを適度に感じつつ、快適にホテルステイしたい外国人観光客

にぴったりのホテルかと思います。

〇アクセス

東京メトロ日比谷線の六本木駅3番出口から徒歩で約2分の場所に位置しています。六本木らしい雰囲気の道を歩いていくことになりますが、飲食店も多く不便さを感じることはないと思います。

〇東京タワーが見える部屋はどこ?

基本的に、ツインかキングのお部屋がが東京タワー側、クイーンは六本木ヒルズ側という造りとなっているそうです。そして、低層階の場合は周りの建物に隠れてしまう可能性もあるため、ハイフロアで予約すると、より確実に東京タワーが見える部屋に宿泊できるようです。予約時に、念のためリクエストしておくと安心ですね。

〇お部屋の様子

私はお部屋から東京タワーが見たかったので「エグゼクティブツイン ハイフロア」を予約しました。その結果、他の首都圏のカンデオホテルの宿泊費よりも高くなってしまいましたが、やむなしです!

東京タワーが結構大きく見えます!また、小上がりスペースが、カンデオ新橋や大宮より広めの設計になっているように感じました。

窓際にゆっくり座って外を眺めながら、テイクアウトしたご飯を食べるのはかなり満足度の高い時間の過ごし方でした。

また、他のカンデオホテルズと同様に、マットレスはシモンズ社製のものを採用しているそうです。ホテル滞在時間中1番長いのが睡眠時間なので、いいマットレスを置いてくれているのはありがたいですね。

机がないので、ガッツリPC作業をするには不向きかもしれませんが、小上がりスペースの横のテーブルが少し高めなので、どうしても少し作業がしたい、という程度であれば問題ないかと思います。

お部屋のバスルームはユニットバスとなっており、かなり狭く設計されています。私はお風呂は大浴場を利用したので、風呂場よりも部屋部分にスペースが残る嬉しい設計でしたが、生理中などで大浴場に行けない方は狭さを感じることになりそうです。

〇大浴場

露天風呂付きの大浴場で、男女共にサウナも設置されています。六本木にありながらも、湯船が十分広さのある設計になっていたのが嬉しいポイントでした。クレンジングと洗顔が浴室内の洗い場に置かれていたり、お風呂上がりには乳液と化粧水も使うことができたり、服も靴も全部鍵付きロッカーに入れられたりと、ノンストレスで大浴場を利用することができました!

〇朝食

朝食ビュッフェでは和洋両方の朝食をいただくことができます。

朝食を売りにしている高級ホテルには及びませんが、一般的なハイクラス帯のホテルに劣らないレベルの朝食をいただくことができます。

首都圏の他のカンデオに比べて少し美味しいような気がしましたが、「他よりホテル代が高いので美味しい気がした」ということだったかもしれません(笑)

〇アメニティ

歯ブラシは洗面所に設置されており、それ以外のカミソリ等は部屋の木箱の中に入っています。緑茶とコーヒーもありました。

ほとんどの人が使うものと、人によって使わないものを分けて設置すると、補充の手間が少し減るので素敵な工夫ですね。

ペットボトルの水も1人1本置かれています。

また、パジャマが上下に分かれていており、生地もしっかりしているのでとても快適でした!

フロントでは、プチ贅沢気分を味わえるお酒とおつまみを購入することができます。お部屋で話していて、食べ物や飲み物が足りなくなった場合に、パジャマでも買いに行けるのは便利ですね。

以上、高コスパホテル、カンデオホテルズ東京六本木の宿泊レビューでした。

CANDEO HOTELS(カンデオホテルズ)東京六本木
〒106-0032東京都港区六本木6-7-11
タイトルとURLをコピーしました