【宿泊記】北海道ニセコおすすめホテル「ワン・ニセコ・リゾート・タワーズ」正直レビュー!スキーだけでなくワーケーションにも◎

ニセコでのワーケーションで、「ワン・ニセコ・リゾート・タワーズ(ONE NISEKO RESORT TOWERS)」のスタジオスイート・Tatamiに宿泊しました!
1週間という長めの滞在でも、快適に過ごすことができたので、部屋やWi-Fi速度などの設備や朝食・ディナーを写真と一緒に紹介します。

Sponsored links

○ワン・ニセコ・リゾート・タワーズはこんな人におすすめ!

ワン・ニセコ・リゾート・タワーズは全室スイートルーム仕様、バルコニー付きのホテルです。スキーやスノーボードなどウィンタースポーツでニセコを訪れる方だけでなく、ワーケーションのお宿としてもおすすめです!

・スイートルームにリーズナブルに宿泊したい
・ホテル内の滞在時間がある程度長いので、おしゃれな空間でリラックスして過ごしたい
・温泉やサウナも使いたい
・気分によって、自炊かレストランで食べるかを選びたい

そんなニーズを満たしてくれる宿泊施設です。

ワン・ニセコ・リゾート・タワーズ
北海道虻田郡ニセコ町ニセコ455-3

○アクセス・周辺情報

車があれば便利ですが、車がなくてもJR倶知安駅⇔ホテル間の無料シャトルバスが運行されているので安心です。シャトルバスの乗車時間は30分程度です。特に雪が積もっている冬場は、公共のバスではなくホテルの入り口目の前まで連れて行ってくれるシャトルバスがおすすめです。
ちなみに、徒歩で気軽に行けるレストランやコンビニがホテル付近にないため、必要なものは倶知安駅近くのスーパーで購入しておいた方が無難です。

○お部屋の様子

私が宿泊したお部屋「スタジオスイート・Tatami」は、ベッド2台とダイニングテーブル、ソファーがゆったりと配置されており、キッチンで自炊をしたり畳の部屋でくつろいだりすることもできるお部屋でした。この部屋だけでなく全ての部屋にキッチンと冷蔵庫、食器類が用意されているようです。設備が新しく清潔感がありました。

お部屋

最大5名まで泊まれるだけあって、広々しています。「冷蔵庫が小さかったらバルコニーで食材を保存しようか?」なんて話していましたが、複数人で使える十分な大きさの冷蔵庫でした。洗濯機は部屋ではなく1階の共用部分にありました。

キッチン

バスルームはお部屋に比べて少し古く感じましたが、十分な清潔感がありました。また、お風呂は主に温泉を利用したので、多少古くても問題なしでした。

お部屋の窓から見える冬景色はこちらです。

景色

○Wi-Fi環境

Wi-Fi速度は50Mbps程度で、Youtubeも特に不満なく視聴することができ、滞在中困ることはありませんでした。

Wi-Fi速度

○朝食(レストラン「Tura」)

元から朝食がついているプランが多いですが、私が利用したプランは朝食がついていなかったため、1,500円を支払い追加してもらいました。

朝食

写真のように、見た目も華やかでボリュームたっぷりの朝ごはんをいただけました。私が利用した際にたまたまそうだったのかもしれませんが、晩御飯に比べると少し味は落ちるなと言った印象でした。まあ、晩御飯とはお値段が違いますからね…(笑)

朝食メニュー

○夕食(レストラン「Tura」)

事前予約が必要です。17:30オープン、ラストオーダーは20:30で、4,700円からコース料理をいただけます。

夕食

地元の食材を使ったディナーということで、どの料理もとてもおいしく、ボリュームも満足感がありました。添えてある野菜まで主役級の美味しさでした。

夕食

滞在中少なくとも1度は食べてみるのをおすすめめします!

夕食

○カフェスペース

ホテルの1階には、カフェとラウンジを兼ねたおしゃれなスペースがあります。

カフェ

一食分にしては量は少なめですが、600円というホテルにしては良心的な価格でツナたまごサンドをいただけます。

軽食

ワッフルやコーヒーなどでおやつタイムを楽しむこともできます。

おやつ

本棚スペースには本だけでなくオセロも置かれていました。
また、カフェすぐ横の隈研吾氏設計の素敵な空間での飲食も可能です。

ラウンジ

○ルームサービス

レストランに比べると味は落ちますが、1,000円程度の価格帯で、お腹いっぱいになれるメニューがありました。

○温泉

ニセコの天然温泉に入ることができました。温泉があると、肩こりなどが解消されるだけでなく、ぐっすり眠れるような気がするので、ワーケーションの大きな楽しみでもあります(笑)男女隔日でサウナ付きの大浴場を利用できます。

脱衣所は隈研吾氏の設計となっており、棚がおしゃれに配置されていました。

○お得な予約方法について

私は今回、HafHというホテルのサブスクサービスを通して申し込みました。HafHはハイシーズンでも必要となる費用が一定のため、かなりお得になる場合があります。最初はHafHの入会を迷っていましたが、HafHがJR西日本やJALとコラボしてくれたおかげで思い切って入会できてよかったです(笑)HafHは紹介で入ると100コインもらえるので、紹介入会用のURLをこちらに貼っておきます。
ちなみに今回宿泊したスタジオスイートTatamiは、HafH予約の際、2名1室1泊で375コイン必要です。

ハイシーズン以外で旅行される方や、クーポン、セールを活用される方はホテル予約サイトの値段も確認して安いところで予約しましょう!(食事を含む値段かの確認もお忘れなく!)

ワン・ニセコ・リゾート・タワーズ
北海道虻田郡ニセコ町ニセコ455-3
タイトルとURLをコピーしました