定期も引き継げる?Apple Watchの充電が切れそうな時にSuicaをiPhoneで使えるようにする方法

朝うまく充電できていないことに気づいたり、旅先にうっかりApple Watchの充電器を忘れたりして、「Apple Watchの充電が残りわずかになってしまった…」という経験をされたことがある方は多いのではないでしょうか。Apple WatchでSuicaやPASMOを利用していたり、ましてや定期券を使用していたりすると困ってしまいますよね。
そこで今回は、私がApple Watchの電源が切れる直前にSuicaをiPhoneに移すことでことなきを得た手順と、iPhoneに移した後のSuicaで無事に定期券を使用できたかについてメモしておきます。

注意点

以下のような場合は、Apple Watchから iPhoneにSuicaを移動できないのでご注意ください。

・手元にApple Watchがないと移せない
・電車での移動中や改札内では移せない
・電源が完全に切れてしまってからでは移せない
・Watchアプリのモバイルデータ通信がオフになっていると移せない

なお、Apple WatchからiPhoneに移す場合は、腕への装着は不要です。(逆にiPhoneからApple Watchに移す際は、腕に装着していないとうまくいきませんでした。)

移行手順

① Watchアプリを開き、「ウォレットとApple Pay」をタップしWATCH上の支払い用カードから「Suica定期券」を選択します。(私は定期を入れているので「Suica定期券」となっています。)

② 一番下までスクロールすると「iPhoneにカードを追加」という項目があるのでタップします。iPhoneの名前を変更している場合は”iPhone”の箇所に変更後の名前が入ります。

③ 「カードを転送」という画面が表示されるので「次へ」をタップします。

④ しばらく待つと完了画面に切り替わるので「完了」をタップします。

⑥ 再びWatchアプリの「ウォレットとApple Pay」を確認すると、「Suica定期券」が「IPHONE上のほかのカード」に移動しています。

これで無事iPhoneでSuicaを使えるようになりました!

そして電車に乗車してみると、無事定期も引き継げており、定期区間内は追加料金なしで乗車できました!

ただしこの方法は、Apple Watchの充電が完全に切れてしまった場合は使えません。私も充電が切れてしまってから気づき、泣く泣く定期区間を別途支払って乗車したことがあります…。それ以来、モバイルバッテリーとスペアのApple Watch充電コードを持ち歩くようになりました。

↓モバイルバッテリーにもコンセントからの充電プラグにもなって、荷物が減るので、旅行にも重宝しています。

Anker PowerCore Fusion 5000
アンカー

↓Apple Watchを購入したらついてくるのはType-Cのものですが

↓Type-Aのものをスペアで持っておくと便利だったりします。

以上、定期付きSuicaをApple WatchからiPhoneに移動した記録でした。

タイトルとURLをコピーしました